活動報告

イベント2017/10/02

ツーリズムEXPO2017・セミナー報告

ご案内の通り、2017年9月22日・金曜日、東京ビッグサイトでのツーリズムEXPO2017にて、『日本の「隅隅」へ、さらにその先へ・・・。ボーダーツーリズムの魅力』と題してセミナーを開催しました。本年7月に設立総会を開催し、活動を開始したばかりのボーダーツーリズム推進協議会にとっては、活動や主旨をPRをする絶好の機会であり、協議会の理事、自治体(稚内市)のご協力の下、大好評の内に、無事に終了することができました。

【司会】
ボーダーツーリズム推進協議会会長 伊豆芳人(敬称略・以下同じ)

【講演1】
北海道大学・九州大学教授(ボーダーツーリズム推進協議会役員)岩下明裕
演題:ボーダーツーリズム(国境観光)~「国境」を楽しむ旅のかたち~

【講演2】
稚内市サハリン課主査 三谷将
北都観光株式会社専務取締役(ボーダーツーリズム推進協議会副会長)米田正博
演題:ボーダーツーリズムの発信都市・稚内市からの報告

【講演3】
九州大学講師(ボーダーツーリズム推進協議会役員)花松泰倫
演題:対馬・釜山の国境を見る、感じる、渡る、学ぶ<日本で最も手頃なボーダーツーリズム)

聴講者は約40名。旅行会社スタッフ、観光関連企業スタッフのみならず、新聞社・テレビ番組制作会社・関連省庁の方、ツーリズム業界を目指す大学生など幅広い分野からの参加をいただきました。ボーダーツーリズム推進協議会としましては、今後もセミナーなどを開催し、さらなるPR活動を実施していく予定です。

2017年9月28日(報告:伊豆芳人)

  • ツーリズムEXPO2017・セミナー報告 2-1
  • ツーリズムEXPO2017・セミナー報告 2-2

写真左【講演1】 / 写真右【講演2】

  • ツーリズムEXPO2017・セミナー報告 3-1
  • ツーリズムEXPO2017・セミナー報告 3-2

写真左【講演3】 / 写真右【司会】

記事一覧に戻る

ページTOPへ